ますます寒さが。笑

0
    image1.jpeg
    朝が鮮烈に感じる冬も本格的な令和元年12月7日です♪

    朝が鮮烈…とは僕の感覚で、秋田は夏でも朝晩に涼しく、それを1日の始まりに体感しますと、ヒートアップしていく気温とともに躍動を感じるのです。

    それが冬の場合、ここでパッと布団から飛び出さずすこもこ盛ったり撒げだりしていると1日の貴重な始まりが勿体ない気がします。

    前の晩、ぬくぬくとして布団に入る時との感覚の違いが、朝を新鮮に感じるというだけなのかもしれませんが、僕の場合には「気温差」がポイントなのかもしれません。

    さて、どん底におりました以前数年間。
    自宅では灯油も使えず、ガス料金も支払えなかった為、仕事から帰っても寒いままでした。

    店では、お客さんと従業員が帰った後は一切の暖房器具を止め、洗い物も水で行なっておりました。とにかく、収入が完全に途絶えた中でも仕込みや掃除は当然ですが毎日。

    気持ち的にも帰宅したところで落ち着かず、店でごろ寝することも多かったです。

    それが少しずつ、家に帰るようになり、布団のありがたみを感じ、3〜4年前に薪ストーブを頂いてからは暖を取ることが可能になり、今年からは無理があるけど、入浴して身体を温める事もしています。

    2015年辺りから薄々気づいたというか、脳疲労からの回復が仕事には一番大事なことだと思い当たったからです。

    実は、僕は高校時代から身体を温めるというか、冷やさないよう心がけていました。

    ボクシングの影響が色濃いですね。

    ですから昔は冷たい飲食物はあまり摂取していなかったのです。

    刺身と寿司は別ですけどね、職業柄。笑

    で、勤め時代は朝晩のトレーニングをしており、その後に必ず入浴しておりました。

    つまり、意識してはいませんでしたが、常に代謝を上げていたわけです。

    若かった事もあって、当時は頭の回転もよく、結論を導き出すのに1秒かかると長いと感じていました。

    今は全てにおいて行動が鈍っています。

    ですから、少しずつ(本当に少しずつです。若い頃のように身体を動かしたら、死ぬかと思ったぐらいの激痛や痙攣に襲われまして…笑)運動を再開し、経済的に無理があっても入浴は必ず。

    いや、シャワーはどうあっても毎日でしたが、身体は洗えても温めることはできません。

    特に湯に浸かるということは、心身共にリラックスする瞬間。

    リセットとリラックスですね。

    それが血行を促し、脳にも酸素と栄養が行き渡ると考えたのです。

    実際、「貧すれば鈍す」という言葉もある通り。

    リングで相手に合わせても自分が不利になるだけ。

    自分はジムというチームの代表。自分のボクシングをしなきゃ。

    加齢の経過において下降線を辿った経営状況と体力、能力。

    また初歩から始めようという意識が働いておりますが、今はスタッフと共に構築する中、やはりリーダーシップということの意味を自覚する毎日です。

    庵河豚という組織において、「民主主義」とか「平等」などと言えることはありません。

    まだ組織の礎が定まっていなかったのですから。

    結局、僕も以前のスタッフも、「個人」という意識が根拠と前提としてあり、僕が未経験者との「合議」を求められていたことは事実で、暗愚にもそれに賛同する形になっていたことが、大きな歪みを無意識にも感じながら矛盾を解消しようとしていたのだと思います。

    当時、満員バスを引っ張る睡夢をよく見ていたのはそういうことだったのかもしれません。

    そして昨年4月になるまでは、囚われの感覚がある睡夢を時々見ておりました。

    ちなみに、体力が落ちていく過程においては、走っても足が動かないという夢をよく見ておりました。

    運動しなくなった事も、業績と関係していることは薄々感じております。

    結局、僕の行動の幅は、僕の体調によるものですから。

    今の3倍は体力があったわけですから、仕事量だって3倍です。(当社比)笑

    そして薪拾いで気づいたのは、倒木を集めてただ直置きしているとすぐに虫がつきます。

    それが、業務展開の早い事業主と重なっていたのですが、最近、SNSで見た言葉がまさにそれを言い表していました。

    「スピード感」です!

    最近の僕…いや、業績が良かった時から、ですが、欠けていたのは「プラン、スキーム」と「スピード感」だったのです。

    今、スピード感は実現困難(トライ中)ですが、その元となる「プラン、スキーム」は遅まきながら確立してきました。

    結果、僅かずつ成果を上げております。

    ということで、今日もヒアウィーゴー!
    意味わがんねすどもな。笑

    まず、良い日どご過ごすすべ!

    令和元年12月6日です。

    0
      image1.jpeg
      昨日はたまらず、お店にはひとりだったにも関わらず、暖房を使用してしまいました…

      何か足元から大腿の辺りまで妙に冷え込んでいた様に感じていました。

      今日は幾分楽になっております♪

      やはりご予約があるのとないのとでは、気持ちから違うんでしょうね!

      今年はご予約の勢いがおとなし目です。

      昨年までは12月〜忘年会シーズンというとご予約が混んでいたのですが、今年は意外にもお断りしている組数が非常に少なく、平日はほぼ、仕込みの時間となっております。

      昨年と違い、今年はスタッフが増え、春から育ててきたのですが、当方の意気込みのみに終始するのでしょうか…

      まあ、まだ第1週目ですから、準備はしております。

      とりあえず「心」の。

      構えがあるのとないのとでは大違い。

      そんな感じですね♪

      ではでは。

      12/4は定休日という事で…

      0

        一日中、外へ出ずのんびりとしておりました。

        家の片付けと洗濯以外、何もやっていません。

        家の片付けも、盛ったり撒げだりで物の移動に終始しており「断捨離」が必要だと感じました…

        特に紙。

        書類は目を通してさっさとメモ用紙にするなり、リサイクルや、捨てるなりした方がいいですね。

        そう言った観点からすると、データは電子化すると良いのかもしれませんね。

        来年は遅まきながらパソコンをしっかり学びたいと思います。

        あ…これ「来年の抱負」ですかね?笑

        実は少しずつ、僕の手から実働が離れつつあるので、事業展開が見込めるようになってきたのです。

        ただし、僕に代わる板前やオペレーターはまだまだ育成できません。知識と技術ももちろん必要ですが、問題は「マインド」です。

        特に「真面目」である事が最優先事項です。

        こう見えて僕は仕事に関して物凄く真面目です。

        が、あくまでそれは勤め時代の感覚で、遅まきながら気づいたのは僕が今現在「事業主」であることと、そのイメージだったんです。

        結局、僕が周りに与える印象が「お店」そして「料理」…すなわち「商品」のイメージになる訳で。

        軽率だったと思いますが、僕は気付くまで「イメージなんか!」という姿勢でいたのは事実です。

        「わかる人には伝わる」というのは、ほぼ、あり得ませんでした。笑

        そもそも比較対象も少なかった(あるにはあったけど、価格帯というハードルが高過ぎた)お陰で、価格帯を「居酒屋」レベルに引き下げねば、「きっかけ」が作れなかった事にも因みます。

        今もその名残で飲み放題を続けておりますが、このデータはまだまだ結果を見る事は出来ません。

        最小限のデータを取りたくて、天がそれに協力してくれた事は事実です。

        どん底を見ましたからね♪笑

        今はまだその延長ですが、だいぶ良い感じに仕上がって来ています。

        まさかここまで仕上がって来るとは、実は思いもしておりませんでした。

        本当に、出刃を抱えて眠る事があったので、再び希望が持てるとは思っていませんでした。

        帰郷してから随分と人格が歪んだと思うのは環境のせいではなく、自分の弱さに相違ありませんが、まあ、良い勉強になりました。笑

        で。

        やっぱり僕の人生は「塞翁が馬」なのです。

        良い方向に向かっている訳です。

        現状を変えようとして事実、結果出てますからね、少しずつ。

        県内外のお客さんのリピート率。

        もう、それだけですよ、今の拠り所は。

        わざわざ「県内外」というところがポイントですけどね。笑

        それと、帰郷した20年前と比較して、明らかに「お客さんの意識が向上している」というのが見て取れます。

        何に因むのか?というと、秋田在住の多くの事業主、そして民間あげて多くの人々が地元を元気付けようと、物凄く頑張っているのが見えるんです!

        松岡さんどころの熱気じゃないですよ!

        もんのすげえパワー感じてます!

        20年前、田舎感が否めなかったんですけどね、秋田。

        とはいえまだ田舎だし、閉鎖的な部分残ってますけどね。

        というのは…「北限の秋田ふぐ」では完全に疎外感ありましたから(過去形)。笑

        それについては、今更どうでも…って感が無きにしも非ず。笑

        良いんですよ。

        みんな、そうやって学んでいくんだからね。

        う〜ん…

        なんだか上から目線ですね…笑

        衝撃の事実は、まだまだ公開でぎねっすな。

        どではっちゃげるはんで。

        いや、薄々感じている人もいるべども、んでねった人もいるべども。

        秋田のふぐ史は、1999年から安部史とも言えるのかなと?笑

        いぐわがんねすどもな。

        僕の安部は、首相の安倍と異なりますが、フルネームは一族にいるかたと似てますね。

        ロブションさんと同じ安部ですから、お間違いのないようお願い致しますm(_ _)m



























        「目標」が「2番」じゃダメなんですよ。

        0

          ということを言いたいがための転送記事です。

          では、どうぞ〜!


          転送されたメッセージ:

          差出人: 橋本武賢 <t.hashimoto@takesatohashimoto.com>
          日時: 2019年12月3日 8:02:08 JST
          宛先: 
          件名: 【思考ブロックを排除する方法】

          橋本です、
           
           
          人間はすごいもので、
          本気で達成したい目標は
          達成できるます。
           
          ただし、
          なかなか目標設定が
          できないんですよね。
           
          「これはさすがに無理だろう」とか
          「ありえない」とか
          自分でブロックをかけて
          チャレンジをやめてしまってますよね。
           
          イチローさんがもし、
          「大リーガーになるのは無理だろう」
          と考えたら大リーガーにはなってない訳で。
           
          ================
          ズバ結果を出している人は
          能力が高い人だと思ってませんか?
          ================
           
          例えば、私のクライアントさんは
          みんな軒並み月商が去年より
          100万円アップしています。

           
          では私のクライアントさんは
          もともと能力が高かったのでしょうか?
           
          私は開業して3年で大人のハンバーグを
          月商70万から年商2億にしました。
           
          私は経営能力が高かったのでしょうか?
           
          答えはNoです。
           
          私は20歳までコンビニ弁当の廃棄で
          飢えをしのいでいました。
           
          大人のハンバーグを開業した時は29歳。
          それまでアルバイトしかやった事ないです。
           
          (正社員経験はたった3ヶ月です)
           
          今から話すことを実践すれば
          誰でも私や相方さんのように
          十分な結果を出す事ができます。
           
          ずば抜けた結果を出せる人は
          最初から目標が人より高いだけです。
           
          高い目標目指して頑張るから
          自然と能力が高くなります。
           
          だから最初から高い目標を掲げれば
          誰でもスキルアップします。
           
          オリンピックで金メダルを目指している子と
          趣味でスポーツをやっている子では、
          能力に差が出るのは当然ですよね。
           
          だから金メダルを目指した方がいい。
           
          何事においても、
          まず目標を決めると言うのは大事です。
           
          目標がないとどこに向かっていいか
          分からないですよね。
           
          しかし多く飲食店経営者は、
          目標を決めずに行動してしまいます。
            
          例えば、
          何か良いイベントを思いついたとします。
           
          そのイベントでいくら売り上げるのかを
          決めずにイベントをやってしまう事があります。
           
          それではうまくいきません。
           
          このイベントから30万円の売上を出そうと
          目標があれば、何人集客して何を売ってと
          細かい数字が出て来ますよね。
           
          あとはその数字めがけて動けば良い。
           
          商売はこの連続です。
           
          目標無しでイベントをやっても
          うまくいくかどうかは運です。
           
          それはギャンブル経営です。
           
          だから何かをやるときは、
          必ず目標を明確に定めないといけない。
           
          「明確に定める」
          というのは数値化するという事です。
           
          月商100万円あげる、
          年収1000万円になる、
          など数値化して目標を決める事です。
           
          しかし!
           
          私たちは目標を数値化するのを
          ものすごくためらいます。
           
          数値化したら誤魔化せないです。
           
          数値化したら達成したのか
          してないのかが明確です。
           
          「年収を増やす!」と
          ぼやかしておけば
          年収が1円だけ増えても
          達成されてるので安心できます。
           
          目標を明確に数値化しようとすると
           
          「達成しなかったらどうしよう」とか
          「達成しなかったら笑われるんじゃないか」とか
          「本当にできるのかな」とか
           
          思考をブロックしてしまいますよね。
           
          不安があるから目標設定ができない。
          無難な目標設定になってしまう。
            
          そう言う感じだと思うんです。
           
          目標設定するなら
          飛び抜けた目標設定じゃないと
          意味がないと思ってます。
           
          無難に達成できても
          成長できなければ意味がない。
           
          目標設定は、
          目標を達成するために作るのではなく、
          成長するために作ると思ってます。
           
          成長がないところは惰性です。
          いつか廃れます。
           
          周りが成長しているのに
          自分だけ無難にこなしていたら
          いつか周りに抜かれます。
           
          だからやるからには成長できる目標じゃないと
          意味がないと思ってます。
           
          でも成長できる目標というのは
          ハードルが高いです。
           
          目標設定しようと思っても
          どうしても躊躇してしまいます。
           
          でも高い目標を設定しないと・・・
           
          こういったジレンマがあると思います。
           
          ではどうすればジレンマを打破して
          高い目標を立てる事ができるのか?
           

          今日は長くなったので、
          おいおい話していきます。
           

          ではまた!






          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          迷惑メール解除法
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          集客を拡大するための大切な情報を
          お送りするので、しっかりメールが
          届くようにフォルダ分け設定を
          お願いします。

          http://46mail.net/

          アドレス変更はこちら:
          http://gsmail101.com/r/stepmail/edit.php?no=xmmckx

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          マスターマインドコンサルティング合同会社
          〒108-0073
          東京都港区三田2-1-28
          パークマンション三田綱町ザフォレスト401号
          【発行者】橋本武賢
          【連絡先】t.hashimoto@takesatohashimoto.com
          【Facebook】https://www.facebook.com/tmcotn
          (c) 2016 マスターマインドコンサルティング合同会社
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          配信解除はこちら:
          http://gsmail101.com/r/stepmail/dela.php?no=xmmckx&a_mail
          ※配信解除するとセミナー会場の告知など私からの
          全てのメールが届かなくなるのでご注意ください


          定休日です。

          0
            令和元年12月4日、水曜日です。

            今日はゆっくり休んでいます。

            朝からストーブを焚いています。

            秋田名物「きりたんぽ」をストーブで温めております。

            白湯を飲み、僅かながら痛みを感じていた喉を潤しております。

            風邪の予防は、うがい手洗いと言いますが、身体を温める…というより、冷やさないことの方が大切だと思います。

            そして、これはお客さんから聞いたお話なのですが、2分だったか1分だったか忘れましたが、その感覚で唾を飲み込むと咽喉の風邪の菌が胃に落ちて消化される、というもの。

            まあ、やっぱりうがいの原理ですかな?

            そして風邪の菌は乾燥を好むため、冬場でもこまめに水分補給をしておくと言ったところでしょうか?

            冬は気温が下がり、空気中の飽和水蒸気量が減少するため、空気が乾燥しやすくなっています。
            室内では暖房器具も使うため、なおさらですね。
            そこも水分補給のポイントです。

            ではでは。



            critical thinking

            0

              クリティカルシンキング。
              image1.pngクリティカルシンキングとは、感情や意見に流されることなく、客観的に物事を判断しようとする思考プロセスを指します。 物事の本質をとらえる考え方といえるでしょう。 クリティカルシンキングと類似した概念の一つに、ロジカルシンキング(論理的思考)があります。*

              *〜*、通常、意識することはないかな。

              感情任せ。それが一般的。

              理論や理屈ばかりフォーカスするのもどうかと思うけど、理論が破綻してることに対しては取り合えないことも。

              その辺、時々見え過ぎることがあるんで、馬鹿正直な僕は対応に困る。

              馬鹿正直な故人といえば、「韓信さん」

              古の中国「楚漢戦争」における漢サイドの大元帥ですね。

              戦の天才ではあったけど、残念ながら人間というものは、突出した才能があればそこにのみ能力が発揮されます。

              僕は他人の言葉を採択してブレていますが、韓信さんは他人の言葉を軽くあしらう傾向も見られます。

              それは、他人の言葉を信用するとかしないとかじゃなく、自らが上だ…優れている…という意識でもありません。

              中途半端な「義侠心」があり、戦ほど見通しが立たないだけだったのです。

              まあ、人生というものは、誰しも一度きり。
              見通しなんて、立っても立たなくても同じこと。
              そこに至って見なければわからないものです。

              スタートする以前の話なんじゃ無いかな?と思いましたが、それも無理があります。

              ではなぜ、韓信さんは戦の天才だったのか?

              実は戦というもの、「法則性がある」のです。

              これが「日常の業務」に非常に近いので、僕は「孫子」という書物を25年以上にわたって愛読しております。

              古の中国には、兵法書の類は多かったと思いますが、韓信さんも、漢軍の参謀「張良さん」も、いや、立身出世或いは必要上での場合も含めて、戦に関わる人たちは全て、当然ながら学んでいたと考えられます。

              そして韓信さんは若い頃、非常に貧しく、他人に飯に面倒を見てもらうような境遇だったと伝わっています。

              これが事実かどうかはわかりませんが、広く伝わっていることから、おそらく真実であると思います。

              昔は識字率も低かったろうし、学ぶにはお金も必要。
              何故、韓信さんは学ぶことができたのか?はわかりませんが、いずれ韓信さんの望みが大元帥かどうかはともかく、そう言った立身出世の「野望」はあったと考えて間違いないでしょう。

              数々のエピソードがそれを如実に物語っています。

              しかし彼はいずれ「大元帥」止まりのプラン…スキームしか持ち合わせていなかったのです。

              戦が終われば用済みになるわけです。

              「狡兎死して走狗煮らるる」の例え通りです。
              僕も庵河豚に勢いがあった時期…いや、スタートからですね、ノープランだったのは。笑

              そこで、事業計画にも「クリティカルシンキング」だなぁと。

              まず、自分の人生を考えてから、が大前提。

              優先順位、ということではなく、そこが基本。

              旨いふぐを提供するにあたって、誰が誰の知識と技術、心意気を伝えるのか?

              それはどうしたら実現できるのか?

              クリティカルシンキングです。

              当たり前の話ですが、それが一般的には越えることが難しい「壁」もしくは「ハードル」になっておりますね。

              知らなきゃ「客観視」も「俯瞰」もできない。

              たったそれだけです。ゴールの設定と学び。

              そういうことだと思います。















              令和元年12月3日です。

              0
                雨ですかな…

                今、起床でした。

                さて、やはり色々、行き違いは出てくるもので…

                僕は印象ほど若くはないし、やはり説明が下手です。

                まあ、害がなければそれでも良いかと思います♪

                昨日は中学の同級生が頼ってきてくれまして、「秋田料理」を慣れないながらも拵えました♪

                東京からのお客さんにも大変喜んで頂け、安堵いたした次第です♪

                普段、ふぐ料理を提供しておりますが、この頃気づいたことは「メジャーでポピュラー」であることを第一に考えるという事。

                実は、コアなものを望む方は多くないのです。

                ぼくは「ふぐが好き」だから、ふぐを色々な角度で楽しみたいと思うのですが、そもそも他人はそこまでふぐが好きじゃない。

                美味しいものを探しているだけで、その際の「探索」というものは「冒険」とは異なるようです。

                それが当店の場合、「ふぐ料理」に該当するもののお客さんサイドでは「何が置いてあるかわからない」為、イメージが漠然としているのだと思います。

                秋田にふぐ屋はない。
                これだけ競合店…比較対象が増えたにも関わらず、です。

                まあ、諸々の事情で「専門店化」するのはリスクが大きすぎるわけですけどね。

                需要が減ります。つまり売り上げが無くなる危険性が高まります。笑

                まあ、僕の場合はそれで「人生観」が変わり、見えてきたものがあるわけですので、やはり「ふぐは羅針盤」と言えます。

                良きにつけ悪しきにつけ、ふぐが共にいてくれるから、ふぐが答えてくれる。

                応えてくれるというのとは微妙に異なります。

                ふぐと会話してますか?笑

                そいういう事です。

                では、今日もヒアウィーゴー!

                言ってて意味わがんねすども、良き日をお過ごしくださいませ〜♪












                image1.jpeg

                | 1/331PAGES | >>

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << December 2019 >>

                selected entries

                archives

                recent comment

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM