どぞ〜♪

0
    皆さま、いかがお過ごしでしょうか〜?

    9月20日(木)、庵河豚店主でございま〜っす♪

    本日は、美味しいとらふぐ、松茸、う奈ぎ。

    そういった感じですね〜♪

    他にも、さんまさん、ひらけ北寄貝、活カキ、金農造園科3期生(店主です…笑)などなど、活きの良いものを御用意させておりまする〜♪

    皆さんお誘い合わせのほど、よろしくお願い申し上げま〜っす♪

    松茸。

    0
      image1.JPG
      炊き込み御飯用ですね〜♪

      う奈ぎ。うふぎではありません。

      0
        image1.JPG

        とらふぐ♪

        0
          image1.JPG

          ここ3週連続で、定休日はのんびり…

          0
            決して良いとは言えませんが、そういえばリラックスする日など、ほとんど無かったここ数年。

            僕の場合、性格もさる事ながら、状況、環境がのんびりすることを許してはくれないのです。

            それを厭うか克服するかはさておいて、です。

            そう。好むと好まざるとに関わらず、そうなってしまうんだから仕方がない。

            コントロールできるまでには、まだまだ足りないものが多過ぎる。

            ん?

            考え過ぎだ!ガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハのハ!

            足りないのは稼ぎ。それだけです。

            いや、ウチは単価高いですから!

            それは事実です。

            同じ食材で比較した場合、決して高い訳ではないです。

            居酒屋かと思って入った場合のひと席単価ということですかね…

            試行錯誤、模索しつつ、居酒屋プランもチャレンジしてみましたが…

            いぐわがんねすな…

            グッドイナフ。

            まづいがべ。




            はて?と思いました。

            0
              僕はふぐに関して当たり前のように知っていますが、果たして他の人達はどうなのでしょうか?と。

              実はふぐに関して、例えば「旬」ですとか、みなさんにおきましては漠然としたイメージをお持ちのようです。

              それが何を基準としているのか?という事もわかってきました。

              「通説」

              ここに集約されます。

              僕は、29年にわたってふぐを見てきました。

              全国津々浦々とは言いませんが、29年の間に福岡、下関、大阪、東京、そして秋田でふぐを食べてきたのです。

              また、料理に関することだけではなく、ふぐの事は何でも興味があり、知らない事があると物凄く悔しい思いをしているのです。

              漫画「味いちもんめ」の表紙にふぐが描かれていたものがあり、内容もふぐに違いないと思い込んで買ったら表紙だけだったということもありました…

              ゴルゴ13で、タイトルが「ふぐの季節」という一冊がありました。
              それも勇んで買いましたが、ふぐそのものは出てきませんでした…

              江戸前の旬、美味しんぼは、ダイレクトにふぐが題材のものを購入したのでした。

              また、料理本でふぐ料理の解説がされている珍しいものも数冊あります。

              ふぐの教本も数冊あります。

              変わったところでは、ペットとしてのふぐの本。これも数冊。

              エッセイ…魯山人さんとかですね。そう言う関連本も数冊。

              まあ、暇があれば、ふぐの本を読んでいます。

              勉強というつもりは全くありません。ただ、好きなだけです。

              例えば、車が好きな人が車の本をたくさん読むという事のように。

              でも。

              ふぐの事は書かれていても、ふぐ料理のコツみたいなのは現場で知るしかありません。

              ふぐの特性についても、ふぐを見て食べて、感じなければわかりません。

              考えるな!感じろ!ということでしょう。

              ふぐを水槽で生かしているとき、多少なりとも観察が出来ました。

              思った以上に理解力があるというか、そこは自然界でも常識なのかな?と思いました。

              水槽にアワビと車海老を一緒に入れていた時のこと。

              車海老はミソの部分だけ食べるし、アワビは水を吹きかけヒックリ返して食べるし。

              ふぐがアワビを食べていた時に僕と目が合い、アワビの所有者が僕であることを知っていたのか、びっくりして水槽の隅にそそくさとバツが悪そうに逃げ隠れるようにしていました。

              ホームセンターの熱帯魚コーナーには、ミドリフグという、ミニマム級のかわいいふぐがいたりします。

              本当にかわいいです。ふぐの泳ぐ姿は、ユーモラスで癒しがあります。

              当店では大型のふぐが時々、狭い水槽で暴れたりしますが…結構びっくりします。

              僕は常に身近にふぐがいるんですね〜♪

              そして明日はとらふぐが入荷予定です。

              どぞ〜♪







              ようやく落ち着きました…

              0
                9月は、イベントが多く、屋台出張を頑張りました。

                ほぼ、毎週末です。

                今週はずっと実店舗での営業です。来週末はかやき祭りです♪

                明日9月19日(水)は休みを取って、諸々の用事を済ませたいと思います。

                おそらく5分の1も済ませられないでしょうけどね〜ガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!

                とにかく山積みなんです、やるべき事とやりたい事が。

                煙突掃除もしてないし、薪も切ってません。

                今年は、4月からパートさんを入れてから幾分、雑用から解放されたとは言え、それでもまだまだ、以前のツケがたまっておりまして。

                少しずつ片付いてはきたものの、結局、一人で動かなきゃいけない部分がまだまだ大きく。

                以前は本当に寝る時間を削って営業に臨んでいたので、片付くいとまがありませんでした。

                周りもなかなか理解が出来ず、受け入れてもくれない状況でしたから、どっかしらで大きく足を引っ張られるという、なんの為に人を入れたものかわからない状態が結構ありました。笑

                状況の改善は、まさに自らの意思…強い意志を通さねば、到底無理でした。

                それをすると人は毛嫌いするのですが、まあ、だからといって下に合わせれば下向きにしかならないのです。

                実績があってのコンサルならばそれなりにわかりますが、そもそも実績がどの程度か?というのは、少し考えればわかる話です。

                僕は今でこそこの状態ですが、面白いことにMAXとminimumを経験しておりまして。

                つまり、限界突破した実績があるわけです。

                できない人間ではないわけです。

                今この状態は、人生経験中初めての出来事で、対処法もさっぱりわからず、目隠し手探りの状態で死にそうになってつかんできた事で救われつつあるというもの。

                僕の放蕩、不節制が原因と、殆どの人は思ったり口にしたりしていますが、そうであるならば随分偉いよ、その人ら。

                その人ら、何者か知りたいですよ本当に。笑

                それはともかく。

                いずれ未曾有の大惨事。

                こういう事が絶対に起こらないとは言えないけど、いや、すげえ重なり方したもんだと思う。

                MAXを経験したとはいえ、元々、順風満帆とは無縁。
                独立後の最高だった年所得が108万円という、計算でもしたかのような数字。

                それで儲かってると言われてましたけどね。

                お金の使い方が下手だと言われていますが、さあて、どうでしょう?
                無収入無所得になったのは2011年から。

                それで今、です。

                お金の使い方が下手だと?

                そもそものお金はありません。

                3年前は食べるものすら事欠いていましたし。所持金は常に無し。
                本当に死にそうになっていました。

                まあ、周りの冷たいことというのは、そういう時にはっきり知るんですね。笑

                中には理解のある方もいて、だいぶ救われた気がしました。

                地獄に仏というのは、この事?みたいな。

                KISSのアルバムの邦題みたいですね。
                地獄に仏。
                原題を考えると…「Buddha in hell」…

                なんか違う…ガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!

                結構ですね、僕は切羽詰まってても自分を茶化すようなこともしたりするのです。

                反面、死を覚悟するのが早い事も。

                どこまでがジョークか、わからないですよね。

                それはさておき。

                お金の使い方。

                そう言う話じゃないわけです。

                ドン底で食うに食えず、仕入れも困窮を極め(比喩じゃない)、そこから少しずつ回復を図り、状況は変わらずといえども、光が見えてきたのです。

                アベノミクスが批判されたりしてますが、景気回復に必要なのはどうあっても消費喚起であって、自粛じゃないです。

                お金は天下のまわりもの。

                その一言に集約されます。

                誰だって、無い袖は振れないわけです。

                思い付く限りの検証と対策を講じてきましたが、見えてきたのは意外な事実。

                僕のやってきた事のほうが、素人の理想より遥かに正しかったということ。

                世界で一番長く(といっても今月末でまだ18年にしかならない。この仕事はやっとこさ30年といった感じで)「創鮓 庵河豚」にいるのは、僕ですからね。

                石の上にも三年と言いますが、その三年、もちますか?

                ほとんどは、状況が良くても悪くても、もたないですよ。

                マイクタイソンがチャンピオンだった頃、僕は彼を尊敬していました。

                強さというのは、継続する意思。

                練習の賜物だったわけです。

                望むものがあるなら、同等の犠牲を払わねばならないわけです。

                それは自分じゃ測れない。限界突破するまでやらなきゃわからないこともある。

                いぐわがんねすどもな…

                今日はここまで。

                せばまづ♪






                | 1/288PAGES | >>

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << September 2018 >>

                selected entries

                archives

                recent comment

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM