記事は他人の投稿ですが

0

    非常に合点がいきますので、ひとつ、紹介を。

    以下、添付です。


    Begin forwarded message:

    差出人: 正岡真【千客万来・繁盛通信】 <masaoka@shinmasaoka.com>
    日時: 2018年4月24日 17:01:14 JST
    宛先: 
    件名: 成功者から特別扱いされる方法 
    返信先: masaoka@shinmasaoka.com

    正岡です、


    今日は昨日の続きをお話します。


    『あなたが成功者から好かれて
    特別扱いを受けるようになる方法』


    についてです。


    昨日のメールでは、あなたが実際に
    成功せざるを得ない環境に身を置くために


    「どうやって自分が教わりたいと思う
    成功者を見つけるのか?」


    という話をしました。


    今日はその続きで、


    『どうすればその人から教えてもらえるのか?』


    という部分について話していきます。


    この話をする前に言っておきますが
    もしあなたが自分にとってピンとくる人を
    見つけることができたとしても・・・


    ここでの振る舞いを間違えてしまうと
    その人から嫌われてしまい、


    『教えてもらえる機会は永久になくなる』


    という事になってしまいます。


    極めて大事な内容になりますので
    ここから先は注意して読んでください。


    ======================
    多くの人の最大の間違い
    ======================


    では、これから本題に入っていきますが・・・


    ちょっと想像してみてください。


    「もし、あなたが売っている商品やサービスを
    執拗に値切って安く買おうとしてきたり、
    理由を付けてタダで手に入れようとしてくる
    ような人がいたら・・・


    あなたはその人のことをどう思いますか?」


    きっとそういう場面に出くわすと
    人それぞれ色んな対応をすると思いますが
    でも、内心はほとんどの人が


    「なんだコイツ・・・」

    「図々しい奴だな・・・」


    と、嫌悪感を覚えると思います。


    間違っても気分が良くなるような事は
    あり得ないはずです。


    なので、多くの人が
    逆の立場になった時、


    「自分は絶対そんな事しない」


    という考えの人が多いと思います。


    しかし・・・


    実際そうは思っていても
    自分が人から何かを教わろうとした時、
    これと同じような事をやってしまう人は
    実はかなり多いのです。


    私たちのような経営者が
    成功している人にその人のスキルや
    ノウハウを教わる時は


    大前提として、


    『自分の売上を上げたい』


    という意識で教わろうとしています。


    なので、そこだけに意識がいってしまい
    相手の人があなたにそれを教えるための労力や
    その人が今まで時間をかけて培ってきた
    スキルの価値を考えずに、


    ただ、自分本位に


    「教えてください」


    と言ってしまう人が多いのです。


    しかし、相手からすればその行為は
    自分の大切なスキルを


    『盗みにきてる』


    というふうに映ってしまうのです。


    考えてもみてください。


    いくら成功者と呼ばれる人でも
    最初から何もせずに成功を掴んだ人など
    誰1人いません。


    今の状態を手に入れるために
    死にもの狂いの努力を何年、何十年と
    継続してきて、


    心が折れそうになる経験を何度もしながら
    ようやくたどり着いたのが今の状態なのです。


    そこを考えることができなければ
    いくら表面的に礼儀正しく


    「教えてください」


    と言ったとしても、彼らからすれば
    苦しい経験をしながら培ってきたスキルを
    『盗みにきてる』というふうに見えてしまうのです。


    実際に、私のところにも
    名前も名乗らず適当な言葉使いで、


    「成功したいです」

    「教えてください」


    とか言ってくる人がいますが、
    そういう人には1ミリも教える気が
    なくなってしまいます。


    つまり、そういう姿勢で接してしまうと
    相手からかなりの確率で嫌われてしまい、


    『二度とその人から教わる事ができなくなる』


    のです。


    では、どうすればいいのか?


    どうすれば成功者と呼ばれる人が
    快くあなたにスキルを教えてくれる
    ようになるのか?


    それは・・・


    ========================
    自分が教えてもらいたいスキルの
    価値以上のメリットを差し出す
    ========================


    ということです。


    つまり、あなたがスキルを教わる代わりに
    あなたはその人に


    『そのスキルの価値以上の
    何かを差し出す必要がある』


    ということです。


    例えば、


    「その人のために何十人、何百人という
    お客さんを連れてきてあげる」

    「弟子としてスキルだけではなく
    その人の志も継承して、一生をかけて
    そのビジョンを達成する活動をする」

    「その人の会社で何年もタダ働きをする」


    など、人によって
    何に価値を感じるかは様々ですが、


    大事なのは教わるスキルの価値を
    あなた自身がしっかりと認識して、
    その価値以上のものを相手に与える


    ということなのです。


    そうすれば彼らは、


    「自分のことを心から尊重してくれている」

    「自分の持つ能力の価値を理解してくれている」


    と、あなたの気持ちを読み取ってくれるのです。


    そして、逆に多くの人が
    ただ教えてくれという態度を取る中、
    誠心誠意の姿勢でいるあなた自身にも
    価値を感じてくれるようになり、


    「この人には教えてあげたい」


    というふうになるのです。


    ===============================
    教わりたければまず価値を与えろ
    ===============================


    いかがでしょうか?


    成功者と呼ばれる人は
    日常的にかなりたくさんの人から


    「教えてくれ」とか


    「寄付をしろ」とか


    「恵んでくれ」というふうに


    自分が築いてきたものを
    奪おうとする人を目の当たりに
    しています。


    だからこそ、


    彼らのそんな気持ちをしっかり汲んで
    逆にこちらから彼らに価値を与える姿勢を
    見せる事で、心を開いてくれるようになるのです。


    本当に成功者から教わるという事を
    やってみたい人は、ぜひこういった事を
    意識してやってみてください。


    そして、その先にある


    『成功せざるを得ない環境』


    を手に入れてください。


    正岡真











    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    千客万来・繁盛通信

    発行者:ワールドスケープ株式会社

    メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
    http://abaql.biz/brd/88/worldscape/mail_change.php?cd=0oEp82IUMGDiUi

    購読停止は次のURLをクリックしてください
    http://abaql.biz/brd/88/worldscape/mail_cancel.php?cd=0oEp82IUMGDiUi
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    平成30年 秋田ふぐシーズン到来のお知らせ♪

    0
      image1.JPG
      先週より始まりました観桜会。

      桜の開花に伴う出来事と申せば、その近海のふぐシーズン到来という事なんですね〜♪

      そもそも、何故にこの時期がふぐシーズンなのか?

      春の代表的な行事でありますお花見。

      それは桜の開花…すなわち桜の繁殖期なのです。

      花をつけ、種子を蒔くとき。

      菜の花も咲き乱れ、春という日を実感するビジュアルが眼(まなぐ)さ飛び込んで参ります。

      すると…

      ふぐも産卵期を目前に控え、コロコロと肥えて参ります♪

      僕…店主はこの時期のふぐが一番好きです♪

      滋味深いふぐの身の旨味。
      濃厚な白子♪
      当店自慢のポン酢と相まって、えも言われぬ口福。

      笑う門には福来たる…福とふぐの語呂を掛け合わせているのですね〜♪

      そしてふぐを慎ましやかに楽しみ給う。

      僕…店主は19才でふぐに目覚めて以来、すっかりふぐのとりこになってしまいました♪

      そこが他の板前、料理人と一線を画すところだと自負しております。

      店主が手すきの場合には、懇々とふぐの四方山話がお聞きになれます。
      そこが他店との大きな違いでございます。

      旨くなければふぐじゃ無い。
      それはもちろんですが、面白くなければふぐ食じゃない。

      何がそんなに違うの?と思われたあなた!

      この時期のふぐのポテンシャルをお確かめ頂き、是非とも四方山話をお聞きくださいませ〜♪

      ※四方山話は、あくまで店主が手すきの場合のみとなっております。
      平日はそのチャンスが多いようです♪

      よろしくどうぞ〜♪

      アルバイト募集中です♪

      0
        スタッフが1人、体調不良で長期休養の為、急ぎ、可能な方を募集しております。

        日曜、火曜、土曜にレギュラーとして、他の日、団体さん対応が出来る方。

        1人に負担をおかけする事なく、また滞り無く業務を行っていく為、2、3名の交代枠で募集中です。

        時間は17:00から23:00の間、応相談。時給900円。制服貸与、賄いあり。

        ご連絡は866ー8318または090-2972-6192安部 まで。



        やっぱり、縁は大事にすることに越した事はないでしょう。

        0
          本当にそう思います。

          浅草では、本当に人間関係だったと思います。

          浅草にいた頃は売り上げを伸ばすとか、ほとんど考えた事はなかったですが、会社で叩き込まれたのがマインド…精神面でした。

          歯車が噛み合わなくなったのは帰郷してすぐ。

          あの時からですね、何かが違うと感じながらもなんとなくここまで来たのは。

          そして面白いのは、経営コンサルの無料配信メールにも違和感の正体が記され、僕の経験の裏付けが為されていることです。

          基本に立ち返りましょう。

          やっぱり自分を信じなきゃ、いい仕事はできないです。

          いい仕事しなきゃ、人は見てくれません。

          じゃあ、いい仕事とは?

          とりあえず、周りの意見はあまり必要ないでしょう。

          経験に勝るものなしと言いたいだけです。

          修正は必要ですが、必ずしも修正するべき事か?は一考の余地があります。

          状況は自分の責任だけでは無いこともあります。

          そして、方針を変えることが必ずしも良いとは言えない事もあります。

          僕が経験した中で、一番切実に感じたことは、「苦しい時にもがけば傷口が広がることが多い」

          実際、あることについて新たな方針を盛り込まねばならないこともあります。

          新規開拓とかですね。

          それが冒険或いは賭けの場合が多いのです。

          結局、方針を変える場合、完全に以前の形態を捨て去らねば事業の拡大はすれども手薄になるだけだということもあるのです。

          在庫は抱えるし、少ないながらも仕事が増えるのに人手は足りない。

          特に人口が少ない地域では目に見えるものがあるはずです。

          こういうところ、あまり教えちゃくれないというか、考えていない人が多いですよね。

          ここ2年ぐらいで気がついた…というか思い出したんですが、浅草では人口にかかわらず、でした。

          人手は足りない。だいたいどこも同じです。

          新規事業…仕事を増やせば言わずもがな。

          それがエスカレートすると、なお一層。

          すると、人付き合いが疎遠になって行くわけです。

          ですが浅草では、お客さんとのお付き合いが密でした。

          休日は一緒に遊んだり、旅行に出かけたり。

          友達感覚に近かったですね。

          そういうの、こっちではあまり感じません。

          僕はそういうお付き合いは楽しいと感じるので、仕事と思っていませんでした。

          本当にフレンドリーでしたね。

          あ、今現在はおごってくれなきゃ無理です。

          経済状況がかなり極度の状態ですから。

          むしろこの状況下では、比較的努力している方だと言われる事もあります。

          良い事業所と比較すると、さもないですが、それ以外の事業所と比較すると、状況が似たり寄ったりの場合、軽度で済んでいるらしいです。

          結局、単体で見ると酷いもんですが、そういう、同業種では努力している方だと。

          見方はそれぞれですよね。

          実際、状況は変わらないように思いますが、さにあらず。

          少しずつ移行しています。

          特に、今月に入ってからは、何かが変わってきています。

          何かを感じています。

          あともうちょっとなのではないかと感じています。

          ただ、その「あともうちょっと」までの何かが足りない。

          その「何か」に届かない。

          わかっているんですが…

          あともうちょっと、です…















          久々に遅い帰宅…と言ってもまだこんな時間(1:58)

          0
            人員の配置を変えたことによって、ずいぶんと時間の使い方が有効化している気がします。

            今はまだ教育段階ですが、慣れてもらうことと、もう少し戦力が増せばいいと感じております。

            戦力増強…まあ、「増員」ということですが…

            さて、4月18日(水)までの三日間、謎の背中の痛みで冗談抜きにして、苦しんでいました。

            火曜から水曜にかけては、もう、死んじゃうんじゃないかと思っていました。

            呼吸をしても痛い。食事は喉を通るたびに疼痛が。

            咳やクシャミをしようものなら激痛に苛まれる。

            でもまあ、なんとか回復しました。

            ということで此度はおやすみなさいませ。



            肌寒い日に感じています。

            0
              4月18日(水)、定休日です。

              さて、我が家は少し小高いところにある為、一般の住宅地と若干、異なることがあります。

              したがって、僕の感じ方をお伝えしております。

              まあ、小高いところと言っても、秋田市内にそういうところはたくさんあります。笑

              ただ、我が家は山の登り口にあり、自然を感じることが多い場所になってます。

              夏冬の風が、強い季節感をもたらしてくれます。

              僕はここで生まれ、ここに住んでいます。

              我が家は、建築士だった父が建てた家で、築60年は経っていると思います。

              相当古くなっており、煙突ストーブのメガネ石がそのままはまっていたことで、お隣さんが引っ越しの際、薪ストーブを進呈してくれた時もすんなり設置することができました。

              塞翁が馬、とでもいいますか。

              いずれ一式そのまま頂いたので、経費はほとんどかかりませんでした。
              薪はその数年前からコツコツと集めておりました。

              一時期、お店が調子良かった頃は、平地に住みたいと思っていましたが、今はここが気に入っています。

              いろいろ不便ではありますが、人間、あまり便利に慣れると機能が低下してしまいます。

              生活に工夫を取り入れることが楽しく、素晴らしいのではないかと感じています。

              塞翁が馬…

              焦って結果を求めては、受けられない恩恵ですかね〜…

              とはいえ、待ち惚けはいけませんが。


              良い、お天気です。

              0
                太平山が綺麗です。

                標高1117でしたっけ?

                太平山より高い山は幾つも…というか、たくさんあります。

                でも、太平山は雄大だと思います。

                高い建物から太平山を見ると、秋田市を抱えているように見えます。

                その姿に雄大さを感じるのです。

                高校卒業までは毎日、太平山を見ていました。

                地元の山です。






                | 1/274PAGES | >>

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                2930     
                << April 2018 >>

                selected entries

                archives

                recent comment

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM