まさかの事態が重なり過ぎてます。笑

0
    こんにちは。

    庵河豚店主です。

    まず、最初に起きたまさかの事態とは、言うまでもなく「北限の秋田ふぐ」という動きによって、男鹿は船川港で仕入れていた当店の看板である「ふぐ」が競合店によって買い占められたことに端を発します。

    価格は高騰し、ものは極端な品薄。まあ、それにつれて競合店が爆発的に増えたので、お客さんも一気に減少したことから、当店における需要と供給のバランスは取れた形ではあったように思ったものの、経験したことのない閑古鳥が鳴く日々に突入した訳です。そこから苦闘の日々が今に至るわけです。

    続いて、「獺祭」

    当店…庵河豚では、17年前の開業当初から「二割三分磨き遠心分離」を使っておりましたが、数年前、テレビ番組で紹介されたらしく、一時期は入手不可能に。

    今はだいぶ落ち着いたらしく、以前のように仕入れられますが、ブームはホントに勘弁して頂きたい。とはいえ、価格が大いに上昇した(原料米のグレードアップ)にも関わらず、ブーム以前よりは出るようになりました。ブーム以前は大方、自家消費でした…とほほ

    まあ、いずれ食品、飲料は売り上げや利益も大事ですが、クオリティな訳です。すなわち「回転率」、それが鮮度管理ということなのです。一長一短でしたね、獺祭ブームは。

    そして今「ギバサ」が品薄。

    先週いらっしゃったお客さんもギバサが気になったのか、当店の「おとなのギバサ巻」をご注文下さったのですが、あいにくの品切れ。

    ギバサも買えないほどに困窮しているとか、単に買い忘れか不精していたのかと思われたかもしれませんが、無いんです。

    まあ、全く無いわけじゃないらしいですが、以前のような感覚で仕入れることは出来ません。

    まさか、ですよ?

    ブーム到来と聞いたとき、そこにいつもあったふぐも獺祭もギバサも、今になって何故?と思っていました。

    んで、ブームが過ぎればこんな感じ。笑

    嗜好の問題じゃねえなぁと思います。

    いずれ当店、そういう品切れが数度あります。今後、何がブームになるのかわかりませんが、今頃というか今更?という思いも少なからずありますね〜…

    品切れの場合は、まあ、その他の部分で埋めあわせるよりないでしょう。ブームと同じで、良し悪しは読めないけれどもガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!

    まあ、うちはブームに追随、追従する事はありません。ブームがうちについてくるだけですが、決して牽引役ではありません。だいたい蚊帳の外です。笑

    因みに焼酎ブームでは、たまたまブームの何年も前から九州出身の友人達と焼酎を酌み交わしており、さらにその数年前には沖縄旅行のお土産として、父に頂いた泡盛を好んで飲んでいました。有名どころは価格高騰したり、品薄もあったようですが、僕は既に九州男児との飲み会で、一般的なところで旨いものを検分しており、名前を追うようなまさにブームに乗る事などありませんでした。

    ブームはサイクルだとも言われますが、僕の場合はブーム嫌いです。

    ブームは嫌いですが、好きなもの、好きな事が大きく取り上げられても信念は変わりません。

    っていうか最近、ギバサの禁断症状が…

    ある訳ないですガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!






    コメント
    いつも

    ガーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!

    がいいですねw
    • 秋田 営業マン
    • 2017/10/21 9:52 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM