はーい!カートンでーす♪

0
    さて、11月27日(火)です!

    みなさんはお疲れの時、リフレッシュはどうなさっていますか?

    僕は、運動をすると楽になります。

    …と言っても、運動を終えてすぐに楽になるわけではありません。

    運動で疲労し、入浴。そして水分と栄養を補給し、睡眠を取るとリフレッシュ完了です。

    その一連ができればいいのです。

    特に何か得るとかではなく、身体の機能を使うだけ。

    すると自然治癒と言いますか、回復が図れるという事なのです。

    有酸素運動と軽い筋トレ。

    呼吸が少し上がるくらいが望ましいですね♪

    んだづ。

    いえ…「そうですね」でした。笑

    さて、today fugu,tomorrow sushi !

    実際にはevery day ですけどね〜♪

    年明けからかなぁ…
    昔ながらのすし屋のように、一人前を食べるだけのスタイルを復活して見ましょうかね?

    実は以前、あまりに混みすぎていたので、ふぐコースとすしの両立がかなり困難だったのです。

    それでバイト君たちに揚げ物やコースのメニューを盛りつけたり、という事を教えていたのですが…

    何故か、男子が卒業したら女子…という、なかなか平均しない偏った構成比であるのが当店。

    「接客には女子2人、調理補助とドリンカーに1人づつ、それをお互い補いつつ」というのが理想なのです。

    まあ、そんなに上手く行くなら苦労はないですけどね…

    今は、金曜に2人入るくらいです。

    因みに僕…店主…は、人件費の枠が見えている為、無駄と不足の境には敏感です。

    ここにもnoblesse obligeの考え方が適用になります。

    全てにおいて、ガチガチに切り詰めるという事は出来ないんですが、人はそれをやろうとして身動き取れなくなっています。

    むしろ、noblesse obligeの考え方が理解できれば、通常業務において大きく役立つと考えています。

    意味合いに若干の差はありますが、概ね、間違いではないでしょう。

    求められる仕事がどういうものなのか?を理解できれば、背に腹は変えられない部分を理解し、仕事の質は上げようと思わずにいて向上する事が分かっています。

    1番の障害は「もったいない」です。

    そこがgiverとTakerの分水嶺ではないかと思います。

    giverとはどういう事なのか?

    その理解ができて実践可能ならば、自ずと向上するのは明らかです。

    それは何故か?

    回転率…すなわち「循環」だったのです。

    ものは淀むと劣化します。

    速攻をかけねばならないのですが、それが思い立って即、可能になる事ではありません。

    食材は、お客さんがあって回転するものですからね。

    ではどうするか?

    それが今の当店のシステムなのです。

    食材に待ちの姿勢を取らせない。

    たったそれだけのことを実践している訳です。

    それはお客さんには来店時の不便さだろうし、お店の選択肢から外される事は大きく考えられるかもしれませんが、下手なものにお金を使うことになるのとどちらが良いか?と考えました。

    結局、今まで聞いてきた対案は、より多くを取ろうとして全てを失う結果になっていたんですね。

    これは人間の習性です。

    良し悪しという事ではなく、習性です。

    分刻みの節約を心がけて年単位での時間を損失する。

    僕は時としてそういう結果が見えるので、全力で否定していた時期もありました。

    今はスルーしております♪

    お客さんの貴重なお時間を、店側が甘えで浪費する訳には行きませんからね。

    トントン拍子に事を進めないといけません。

    僕の説明力不足は確かだとしても「滑舌の悪い爺さんと耳の遠い婆さんの会話みたいなもの」

    火急時に納得いくまでやってたら、お客さんは二度ときません。

    どんぶり勘定もできませんから、確認に手間をかけた時点でアウト。

    泣きたくなりましたよガーッハッハッハッハッハッハッハッハ!

    いずれ、今は集中して激混みということがありません。

    これが良いお客さんを掴むことに繋がったんだと思います。

    ふぐ食に理想的な環境に戻りつつあるという事ですかね…

    物だけを求めるなら他店でも十分かもしれません。

    当店は「ふぐ愛好家のふぐ調理師である店主」が営むフグ料理店です。

    そこに、他店では出来ない部分が在るのです。

    まあ、会話の部分は幾分、浅草にいた頃、店長代理でやっていた感じなので、「郷に入っては郷に従えという事」だとすると、そぐわない部分かもしれませんが…

    以前のカウンター取っ払っちゃったのは失敗だったね。
    今はほぼ宴会屋なので、団体さんが来ない限りはコミュニケーションが取れなくなって来ましたね…

    そんなこんなで「すしシフト」を。

    カウンターではないので、お好みはなかなか出来ませんが、一人前であっても、すしダネの選択やらシステムやら見直しをして、年明け目処に考えております♪

    さあ、今日も良き日をお過ごしくださいませ〜♪





















    追記です。

    団体さんが来ない限りは…じゃなく、団体さんが入った時は、ですね。

    メンゴです…




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM