What is fugu?

0
    ふぐとは、硬骨魚類フグ目の項に属するもの。

    マンボウやカワハギもそこに入ります。

    とはいえ通常一般的には、トラフグを代表格とするトラフグ属を指します。

    その中で最も価値が高いのはトラフグ。

    トラフグと一口に言っても、生育環境や漁法、流通経路、取扱い方によって随分と質が異なってきます。

    そして一概に言えない部分として大きなところは、生育環境下の「時期」があります。

    これが地域によって大きく異なり、例えば陸上ですt「桜」がわかりやすいかと思います。

    実際、桜が咲く頃には海中においても繁殖期を迎える訳で、卵生生物では「産卵期」と呼ばれるのです。

    南北に長い我が国におきましては、一斉に桜の開花が始まるわけではなく、前線は南から徐々に北上するわけです。

    それに伴い、桜が咲く地域に連なる水域では、そこをホームとするフグが産卵期を迎えるのです。

    つまり、同時期に他地域とのふぐを比較するというのはナンセンス…愚挙であり、愚行なわけです。

    また、天然と養殖の比較もしかり。

    それ式で我が郷自慢も無いんじゃないかと思いますが、まあ、ある意味それはそれでお考えがあってのことかと思われます。

    当店は考え云々の前に「素材重視店」、とくに「ふぐ愛好家」には定評があると受け留めているため、「地産地消」を心掛けつつ、その時ベストなものを見極めて使う方針にあります。

    秋田産とらふぐ特上コースというもの、秋田ではほとんど類を見ない価格帯になっておりますが、秋田産とらふぐのポテンシャルをご確認頂くには、取扱い方に細心の注意を払う必要があります。

    特に首都圏や大都市からお越しのお客様には、「秋田産ふぐ」であればいいというわけにも参りません。

    機会が限られている由、是非、最高のものを味わって頂きたいと考えているのです♪

    地元のお客さんは機会が山ほどあります。

    そこはお見逃ししておられないと思います。
    僕は起業以前から説いて回っておりますので。

    ただ、ネット環境は今ほどではなかったため、伝えきれていない部分は大きく、非常に苦戦をして参りました。

    商的には、旬の時期…最盛期にストックし、一年のうちに消費するという手もありますが、流石に旬の生鮮もしくは活け物には及びません。

    それをして「地産地消」というのもありですが、クオリティを問うお客さんに対しては、却ってマイナスイメージを作る危険性があるのです。

    従っての予約制であり、県外産ふぐの使用を敢行しているのです。

    特に当店は「ふぐ料理店」ですから、秋田のふぐを使う事も大事だけれども「旨いふぐ」を扱わなければ意味がないのです。

    産卵期を過ぎてなお、秋田ふぐにしがみつくなどあり得ません。

    むしろ、秋田ふぐのポテンシャルの高さを伝えていくためには、秋田ふぐのポテンシャルは高いということを知らしめねばなりません。

    ふぐは紛う事なく「素材」がものをいう食材です。

    ならば最高のものを、という流れが自然じゃないかと考えております。

    ふぐは際物…季節もの。

    だって、通年でしょ?

    はい。お答えします。

    我が国は南北に長いということ。他地域のふぐを使用する最大の理由がここにあります。

    また、産卵期を過ぎたふぐに味が乗る時期から最盛期までの間、水揚げ次第で秋田産が入荷することもあるのです。

    話は途中ですが、お時間が迫って参りました。

    続きはまた。











    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM