おはようございます♪

0
    令和2年1月14日です!

    2と14が並んじゃうとバレンタインを連想してしまう店主です。笑

    僕はいろんなイベントに賛成派です。

    景気が良くなればそれだけ平和が実現しやすくなるからです♪

    増税やらも無くなりますしね。

    結局、無い袖は触れないのに、望みばかり言っても実現は難しいですから。

    さて、暖冬とはいえ、寒いことには変わりないと感じています。

    ストーブの温もりが本当に有難いですよね!

    で…

    ふぐの水揚げがやはりずれ込んでいるようで、これは数年前からそうなんですが、やはり温暖化の影響なのでしょうか?

    一説に温暖化はデマだと言いますが、この状況を見るにそれこそがデマな気もします。

    僕はタイヤ交換など全て、季節の変わり目はふぐの水揚げを見て行動しています。

    昔からそんな感じです。

    単純な話、感覚に頼るよりも自然の動きを見たほうが確実です。

    ふぐは特に、いろんな事を教えてくれます。

    僕にとってふぐは人生の羅針盤です。

    ライフワークでもあり、パートナーでもあるのです。

    商売の道具ではないので、時に商売が上手くいかないこともありますが、それでもふぐは語りかけ、教えてくれるのです。

    いわば、「道」とも言える存在です。

    僕がどんなに苦しくとも、ふぐへのリスペクトがある限り、ふぐは必ず導いてくれます。

    だから決して、ふぐを「粗末に扱わず、軽んじず」は当たり前で、誰にも正当な評価を頂けるよう心魂込めてやらねば嘘です。

    ただ、どうしてもクオリティに差は出る部分がありますゆえ、並と特上をないまぜにされても困ります。

    実際、評価がまちまちだと言うのはそこで、ふぐを食していない方もいる訳です。

    僕は浅草にいた頃、ふぐを食べるなら2万円は握りしめて出かけていました。

    良いものを求めていたからです。

    決して「良いものを安く」なんて厚かましいことは言いませんでした。(人間の心理として内心は安い方がいいに決まっていますが、それは言うだけ「野暮」ってもんです。そんな価値観のない田舎者丸出しだと笑われますよね。芸能人格付けチェックを見て笑ってる場合じゃないです。笑)

    良いものを安く…は基本的な心理で、理想です。

    それを強引にやらせるのはほぼ「戦争」のモチベーションと同じで、僕は一度たりとも値切ったことが無い理由として、「反戦派」だからこそ。

    弱い立場の人間を食い物にするとか、人としてあり得ないですよね。

    そう言う心の弱さは忌むべきものだと考えております。

    さて、話は突然変わりますが、僕は空腹絶頂の時、ふぐを食べようとは思いません。

    濃い味の、脂もある食事をがっつりと胃に収めたくなります。

    満たされている日の夕餉には、ふぐでもどうかな?と思うことは多々あります。

    むしろ、勢いがあった時期、休みの日は当然ふぐでしょ!という感じでした。

    ふぐかすし。

    僕は回転寿司もたまに言ってました。気軽さが良いんですが、すしやとは違います。

    僕はふぐかすしで休日の夕餉を致しておりました。

    今は外食どころではないほど厳しい状況ですが…笑

    僕は元々、過酷な家庭環境で育ったので、一般家庭で育った人に比べれば遥かに耐久性があります。

    だからうわべがヘラヘラしているので「こいつ余裕だな」と思われていることに最近気づきました。

    昔はよくたかられていて、僕は僕の親分肌の部分がそうさせているのかと思っていましたが、実際は「金の切れ目は縁の切れ目」というのを実感したに過ぎませんでした。笑

    どうでもいいんですけどね。

    今は外食どころではないほど、というぐらいですので、割とシビアになったかと思いますが、特に気に病んではいません。なんとかなるさ…というか、なんともならんときはどうしようもないですし、やるべきことが必ず見えてくるものなので、criticalに考えた方がいいに決まってます。

    僕には技術も知識もあるのですが、最近思う事は、それを出すべき相手と予算というものがあると気づいたこと。

    良いものを安く…は理想だと言いましたが、需要と供給のバランスや、それこそ「イメージ」が大切で、価格破壊ではないということ。

    国産レモンは、僕が生まれる前からあった事業だそうで、一時期輸入レモンに価格競争で負けて以来、潰れた事もあったそうです。

    当店のレモンは国産を使うよう心がけているのは、まず無害であるから。そして、国産というところがポイント。

    我々の生活は、外国企業が考えてくれる訳じゃない。

    確かに安いものは生活するに楽となりますが、その時だけ。

    実際はお金が回らなくなってきていることに気が付きませんか?

    とはいえ、急場に於いて切羽詰まった状況にありながら出せるものは限られていますので、どうしたって安いものに飛び付きます。

    以前、安くやっていけた理由に
    ,曚椣豢という時代だった為、仕入れに困らなかった
    △曚椣豢という時代だった為、お客さんが集中していた

    それが、リーマンショックと競合店の爆発的増加に伴い、また、接待禁止と相まって非常に苦しい時代を迎えることに。

    まず、仕入れ値は倍になるし、お客さんは来ない。悪循環の始まりです。笑

    そして何故か急に妙な質問を受けることに。
    誰ぞ何か吹き込んでいるのでは?というぐらい、的外れな質問で、内容が全て同じ。

    素人が素人に印象操作を?と勘ぐってしまう内容です。笑

    まあ、どうでもいいんですけどね。

    時間はかかれど、真実は白日のもとに晒される日が来ていますからね。

    何にせよ、どうでもいいんです。

    単純に「旨くなければふぐじゃない」ですから。

    ちなみにに当店、予約制です。

    ご予約なしの時、ちょい飲みは可能ですが、改まったお席とお考えのときは必ずご連絡ください。

    準備というものが必要です。

    特に敷居を上げるつもりはないのですが、ルールとマナーを守った上でご利用をお願いしたく存じます。

    単純に、「ふぐを楽しんで」いただければ幸いです。












    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM